顔汗がひどい 原因

顔汗がひどいときは、他の病気や障害がかくれている可能性があります。

顔汗がひどいと感じるようになった人は、早いうちに他の病気や障害が原因かどうか、病院を受診して調べてみることをおすすめします。

顔汗がひどい原因は他の病気や障害かも

顔汗がひどいと感じるようになった人は、もしかすると気がついていない原因がかくれているかもしれません。

多汗症は、多量の汗をかく部位によって分類されています。

全身から大量に汗が出るのは全身性多汗症で、特定の場所だけ大汗をかくのが局所多汗症です。

局所多汗症で多いのは、手のひらや足の裏の掌蹠(しょうせき)多汗症、脇の下の腋窩(えきか)多汗症、そして顔や頭だけに多量の汗をかくのは頭部・顔面多汗症とよばれています。

多汗症は原因によっても分類されます。他の病気や障害が原因で大量の汗をかいてしまうのは、続発性多汗症です。これに対して特に原因となる病気や障害がみつからないものを原発性多汗症といいます。

続発性多汗症の場合は、原因となっている病気や障害の治療が重要になります。続発性多汗症の原因には、以下のとおりさまざまな病気や障害のある可能性があります。

  • 全身性の原因:薬剤性、薬物乱用、循環器疾患、呼吸不全、感染症、がん、バセドー病などの内分泌・代謝疾患、パーキンソン病
  • 局所性の原因:脳梗塞、末梢神経障害、Frey症候群(味覚性の神経障害)、不安障害、がん

異常な発汗に重大な病気や障害がかくれていないかを確認するために、気になるほど顔汗がひどい人は病院を受診しましょう。

何科にかかるかですが、まずは皮膚科でいいと思います。漢方を治療に取り入れている皮膚科や多汗症専門外来のある病院を選ぶと、あとで治療法の選択肢が広がるのでおすすめです。

原発性多汗症は原因が解明されていない

病院で検査をして、特に原因となる病気や障害がなかった場合は、顔汗がひどいのは原発性多汗症ということになります。

実は原発性多汗症は、これまでになぜ発症するのかが解明されていません。

人が汗をかく理由は、体温調節のための温熱性発汗、いわゆる冷や汗と表現されている精神性発汗、そして食事のときなどに発汗する味覚性発汗の3つです。

多汗症は、このうち精神性発汗の仕組みに異常が起こっている状態と考えられており、遺伝性もあるとみられていますが、まだ医学的なエビデンスはそろっていません。

つまり、原発性多汗症は原因不明だということです。

西洋医学では原因のわからない病気の治療は、対症療法になります。

原発性局所多汗症には、日本皮膚科学会が診療ガイドラインを作成しています。

ご参考>>>原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015年改訂版(日本皮膚科学会)

日本の病院ではどこの病院にかかっても、原則このガイドラインにしたがって治療方針が決まると思います。ガイドラインでは、多汗の部位や症状の重さでいくつかの選択肢がありますが、いずれも治療によって

  • 汗の出口をふさぐ
  • 脳の発汗司令を妨害して汗腺に汗を分泌させない

のどちらかを目指すものです。

多汗症の治療で最初にすることは、毎晩就寝前に患部に塩化アルミニウム溶液を塗って、汗の出口である汗孔をふさぐ治療です。この方法は、とくに掌蹠多汗症と腋窩多汗症では効果が高いとされています。

人と汗との闘いの歴史は古く、すでに古代ローマ時代には制汗・消臭効果があるとしてミョウバンが使われていたそうです。ミョウバンは別名硫酸アルミニウムカリウムといいますが、皮膚科医の診療ガイドラインのファーストチョイスとして塩化アルミニウムが推奨されているだけでなく、今の制汗剤にも多くの商品で有効成分にアルミニウムが含まれています。

多汗症の対症療法は、少なくとも2,500年前からほとんど変わっていないものなのですね。長年にわたり実証され続けている方法です。

ただ、残念なことに頭部と顔面多汗症については、ガイドラインでは「他に有効な治療があまりないため」という注釈付きで塩化アルミニウム外用を推奨しています。

一番の理由は、塩化アルミニウム外用で刺激性皮膚炎の副作用がよく起こるためです。顔面用には手足や腋に比べて濃度を薄くして使うのですが、それでも肌の弱い顔には刺激が強いのでしょうね。

塩化アルミニウム外用と併用されるプロ・バンサインという内服薬は、慣れると汗をかきたくないタイミングを狙い撃ちできることから、患者さんにお守りと呼ばれるほど重宝されています。

プロ・バンサインはアセチルコリンという神経伝達物質の働きを妨害して、交感神経から汗腺細胞に脳からの発汗司令が伝わらないようにする薬です。アセチルコリンの仕事を邪魔することから、抗コリン薬ともよばれます。

でも、もともとは全身性多汗症の治療薬として使われるものなので、顔汗だけを止めることができません。飲む薬なので、有効成分が血液の流れに乗って全身をめぐり、全身でアセチルコリンの働きを抑えます。

だから全身の汗を止めることができる反面、どこか特定の場所だけ汗を止めるということはできないのですね。

服用すると体温をあげないための温熱性発汗もできなくなるので、熱中症リスクが高い環境では服用を避けたほうがいいかもしれません。

こうしたデメリットがあることから、同じ局所多汗症でも手のひらと足の裏の掌蹠(しょうせき)多汗症と脇の下の腋窩(えきか)多汗症ではプロ・バンサインは推奨されていません。

どうも顔汗の悩みには、ピタッとはまる解決方法が用意されていないようです。

顔汗がひどいときの対策

顔汗がひどいという悩みに、治療というアプローチではピタッとはまる対策がありませんでした。

頭部・顔面多汗症にあった治療法は、個人的には漢方ではないかと思います。

西洋医学の分析的アプローチでは原因不明となってしまう原発性多汗症ですが、日本伝統の医学である漢方の視点でみると、原因が想定され、それにあった解決方法も処方箋というカタチで用意されています。

くわしい内容はこちらの記事に書いていますので、興味のある方はお読み下さい。

関連記事>>>顔汗がひどい 漢方

そしてもうひとつの対策として、数は少ないのですが肌の弱い顔にあった制汗剤が、薬ではなく医薬部外品として最近は販売されるようになりました。

もっとも早くつくられた顔汗用制汗剤が、薬用化粧品のサラフェです。


顔汗予防にサラフェ

サラフェは、制汗効果のある有効成分にフェノールスルホン酸亜鉛を配合しています。現在は第2世代のサラフェプラスとして販売されています。

塩化アルミニウムやミョウバンなどと同様に、フェノールスルホン酸亜鉛も長く使われている成分です。一番の特徴は、肌にやさしいということでしょう。有名なところでは資生堂のシーブリーズシリーズが、フェノールスルホン酸亜鉛を配合しています。

制汗剤の成分について、少し補足情報を書きます。

1966年に、当時アメリカで市販されていた18の制汗剤の効果を評価したニューヨーク大学メディカルセンターの実験が、学術論文になっています。

>>>A Clinical Evaluation of the Effects of Deodorants and Anti-Perspirants

この18ブランドの中には、フェノールスルホン酸亜鉛が配合されている制汗剤も、今の日本で多くのナショナルブランドの制汗剤に使われている、クロルヒドロキシアルミニウムの制汗剤も含まれていました。

論文によれば、評価が最も高かったのがクロルヒドロキシアルミニウム配合の製品で、フェノールスルホン酸亜鉛配合のものは、下から数えたほうが早いかなり低い評価となっています。

当時、フェノールスルホン酸亜鉛は制汗効果が評価されなかった成分でした。

制汗剤が汗を止める原理は、金属製イオン(アルミニウムや亜鉛のイオン)が汗や皮膚のタンパク質と反応して汗の出口を塞ぐというものです。

その効果がアルミニウムは強力で、亜鉛はそれほどでもないのですね。この差が、汗を抑える効果の差として出てきます。

しかし、汗を止める作用は、裏返せば皮膚を強く刺激するものとなります。

そのため、塩化アルミニウム溶液を顔につけると刺激性皮膚炎が起こりやすいのです。

シーブリーズ以外の制汗剤は、だいたい有効成分にクロルヒドロキシアルミニウムを配合しているので、市販の制汗剤を顔につけると大抵ヒリヒリします。

肌の弱い顔には、制汗作用の弱いフェノールスルホン酸亜鉛があっています。制汗作用が弱いといっても、50年前にはすでに使われていた制汗成分です。それなりに効果は発揮します。

サラフェプラスの成分の提供元から、フェノールスルホン酸亜鉛を使った腋の発汗量試験が開示されています。

ご参考資料>>>株式会社松本交商 スルホ石灰酸亜鉛(SZ)

ここでは、5日後に発汗量が約40%減少したとしています。これだけの差があれば、何もしないよりかなりいいと思いませんか?


顔汗予防にサラフェ

サラフェプラスは薬用化粧品として提供されていて、化粧下地として使えるようにつくられています。サラフェプラスの他にも商品はありますが、化粧下地に使えるというものはほとんど発売されていません。

顔用制汗剤についてはこちらの記事で書いていますので、興味のある方はぜひお読み下さい。

関連記事>>>顔汗のひどい人が対策に使えて化粧下地にもなる薬用制汗ジェル

まとめ

原因が解明されていない原発性局所多汗症ですが、長く実績をあげている治療方法が用意されています。

ただ、残念なことに顔汗への対応だけは今ひとつというのが現状です。ここでご紹介した方法が、お悩み解消につながるかもしれないので、よかったら試してみて下さいね♪

この記事はお役にたてましたか?

あなたのお役にたてたとしたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする